10月の一般販売は以下の内容で行います。

10月一般販売  (Click!) 
期間 10月1日12:00〜10月5日12:00
発送 10月5日よりオーダー順

10月の一般販売は、エチオピア・イルガチェフ ナチュラル、エチオピア・エフラタの2種2サイズのみとなります。どうぞよろしくお願い致します。


Img_4c8b8078e7ab81c575f5f8c4f892615b







9月の一般販売は以下の内容で行います。

9月一般販売  (Click!) 
期間 9月1日12:00〜9月5日12:00
発送 9月7日(水)よりオーダー順

9月の一般販売はアトムセットはお休みで、エチオピア・イルガチェフ ナチュラル、エチオピア・エフラタの2種2サイズとなります、どうぞよろしくお願い致します。


Img_1e058d6f2a415a3c639681b6b120bb20






リオデジャネイロ五輪。男子マラソン競技で銀メダルを獲得したエチオピアのリレサ選手のゴール時の自国抗議のアクションがニュースになっています。

リレサ選手の出身地オロモ地方は、エチオピアの中でも優れたコーヒーの栽培地の一つです。イルガチェフもオロモ地方に分類されますし、以前ATOMでは『オロミア』として販売していたこともあります。

エチオピア国への言及は控えますが。世界最高のコーヒーを生産するエチオピア、その地に住む一人ひとりの国民を大切にしてほしい思いだけです。エチオピアのコーヒーを楽しみ、感動を受けた人は世界中におり、世界に誇れる民だと思います。これからも素晴らしいコーヒーを作り続けてほしいです。

リレサ選手の行為でエチオピアの事情を知った方も少なくないと思います。リレサ選手とそのご家族、オロモの方々、エチオピア国の安寧を心から願っています。

Img_883287b485bcacd72aca5f6cd8410896







①新豆
来月までには新豆発売予定です。エフラタも残り僅かとなっており、エフラタに変わるベーシックタイプのエチオピアを発売予定でいます。イルガチェフ・ナチュラルも来月位には終了予定、秋は商品の入れ替わりの季節になりそうです。


②9月一般販売  (Click!) 
1日12:00〜5日12:00
一般販売は毎月1日〜5日の5日間です、どうぞよろしくお願い致します。



夏の時期に人に会うと「やけたね」と言われ、「地黒です」という挨拶をするのが恒例です。そんなにやけているのかとちょっと心配になっていた時、広告に出ていた松崎しげるさんの笑顔を見て元気づけられたことがあります。

Img_448dda1365d76fe908431250c1e8ded3











ある夜の作業中、休憩にコーヒーを飲もうとストックをみたら空っぽ。冷凍庫にも、無い。卸先は全て営業時間外。焙煎に行ける状況にも無い。コーヒーが、無い。どうしてもコーヒーが飲みたくてもだえていると、一度使用したコーヒーがまだプレスに入っているのを発見。藁にすがる思いで、

①プレスからコーヒー豆を掻き出し、
②使用済の豆の状態を考察
③より細かいメッシュでグラインダーで再度挽いてみる
④あれ、ちょっと、えへモカフレーバー香るじゃないかちょっと
⑤興奮しながらプレスで淹れてみる
⑥完成

ひと口め。大発見きました。一杯目には劣るがイルガチェフそのまま。
『その先のコーヒー』を発見してしまった、と感動の時間でした。

が、その感動は一瞬の真夏の夜の夢に終わり、

ふた口めからは、薄く淡いテイストが口の中に広がり、そこに『その先のコーヒー』は完全に消失しており、『その後のコーヒー』でした。


おすすめできる淹れ方ではありませんが、湯田のような危機迫った状況になった場合にもしどうしても試される場合、3点の注意点。

①使用済のコーヒーは乾燥状態にあること
(濡れたまま再利用するとグラインダー(ミル)の故障の原因になります)
②前回よりもより細いメッシュ(挽き)にする
(再度細く挽くことで一回目で抽出されなかった成分が出てくる可能性あり)
(一瞬の夢だとしても)
③完成に多くの期待をしない



在庫管理の大切さを学んだ夜でした。
Img_6a3d21d2c5df0305596c98751d85e441